子供の忘れ物。準備は自分で。

こんにちは。本日はクリスマスにちなんだエピソードなんですが、なんと忘れ物…。のお話です。

スポンサーリンク


長男の忘れ物

先日長男が学校でクリスマス会があるから明日は楽しみ~ヽ(*´∀`)ノなんて言いながら、宿題をしていたんです。(´・∀・`)ヘーなんてお話を聞いてました。

学校ではクリスマス会をやってくれるんですよね。子供たちもそれはもう楽しみにしているんです。それで、高学年になると自分で作れるお金のかからないプレゼントを用意して、プレゼント交換をしたり…お金のかからないって言うけどラッピングするのに100円均一にいったりするので、結局お金はかかりますけどね(^_^;)長男の場合はクリスマス会ではプレゼント交換はなかったみたいなのですが、ゲームなどをしたりする予定だったみたいで、先生から

「宿題を忘れたら、クリスマス会はできないよ。」

と言われていたみたいです。前日長男は宿題をいつものようにやっていました。ところが…

次の日に宿題が入った先生に提出する連絡袋そのものを忘れて行きました。( ̄▽ ̄;)!!あれ?そういえば、宿題を忘れてきたら、クリスマス会できないとかなんとかって言ってなかったかな?と思って…届けようか…とかちょっと思いましたが、もうすでにお昼…。私は届けませんでした。息子のせいで息子のクラスはクリスマス会をできなかったのではないのか…でもここで息子の忘れ物を届けたら、息子は忘れ物=母が届ける物にもなってもちょっと嫌だなとも思い…でもみんながクリスマス会できなかったら、申し訳ないな…とも思いかなり悩んだのですが、もうお昼にもなっていたので、クリスマス会は何時間目かもわからず…そのままにしてしまいました。(´Д`;)

そして、息子が帰ってきたので、すぐにクリスマス会どうだった?そもそも宿題忘れていったのにクリスマス会できたの?とすぐに確認。((o(б_б;)o))ドキドキ

すると、息子はクリスマス会できたよというではないですか…。あれ?宿題忘れたのにできたの?と聞いてみると、どうやら、宿題を忘れたけど、息子の場合はいつもは宿題をやっていっているから、先生が、「○○くんはいつも宿題をやって来ているよね?だから、今回はセーフとします。」と言ってくださり、なんとかクリスマス会はちゃんとやってもらえたようです。

宿題をしてこないとクリスマス会はできないよというのは、いつも宿題をやってこない子がいるようで、先生はいつもやってこない子にやって来て欲しくてそのように子供たちに話したみたいなんです。

今回の件は、息子のいつも宿題はやって来るという信用があったため、なんとかセーフだったようで、クリスマス会は無事に行われたようです。宿題はやって行くことは当然のことですけど。いつもの信用も大事なんだなと改めて思いました。

息子よ信用があって良かったねwいつもの信用に命拾い…

しかーーーーし!この大事な時に忘れ物するとはかなりのおバカだろう…(`・ω・´)

息子には注意をちゃんとしました。一人のせいでクリスマス会ができなかったら、みんな悲しい思いをしちゃうんだからちゃんと気をつけなさい!…と…

息子は下を向きながら「はーい。」と返事はしておりました。(´・ω・`)トホホ…何度いってもやっぱり忘れ物はありますよね。徐々に少なくはなってきているとは思うのですけどね

( ̄▽ ̄;)息子はまだまだだな。もうちょっとしっかりせい。小学生低学年。しかも男子はやっぱり忘れ物やらなんやらまだまだ手がかかりそうです。なんでも手を出して手伝っているお母さんもいるとは思うのですが、私はほとんど手を出さないお母さんなんだろうな…(^_^;)

でも今回のことで、息子もちょっと学ぶことがあったのではないでしょうか?自分の忘れ物で、みんなの楽しいクリスマス会が出来なくなるところだったのですから(^_^;)

小学生の忘れ物

私は、今はあまり忘れ物を届けなくなりましたが、昔は忘れ物届けたりすることもありました。やっぱり子供だから忘れ物をしたりすることもありますよね。長女が小学生の時も忘れ物をしたりすることもありました。最初は届けていたのですが、ふと、これは本人のためになるのだろうか…。と思うようになり、届けなくなりました。ある程度命に関わる物…夏場の水筒などはかわいそうなので、届けますが…。喉が渇いて脱水症状になってしまってはちょっと困リますからね(^_^;)

忘れものを届けなくなってから

あくまでも我が家の場合はかもしれませんが、忘れものをする頻度は確実に減りました。忘れ物をしても届ける人がいないと、朝の忘れ物の確認を前よりもしっかりするようになって来ました。学校の準備も私は全く手をつけません。この全くに関してはいいことなのかよくわかりませんが、私の場合は、以前息子のランドセルを前日にチェックしてたのですが、毎回忘れ物だらけでした。(^_^;)その度にちゃんとやりなさい!なんて怒ったりしていました。それだとこっちも疲れて来てしまうし、子供もそれに対して怒ったり。その私の朝のチェックをあてにしているので、自分で自分の荷物の準備が全く、全てにおいて中途半端…。悪循環。もうほっときました。自分で忘れ物をしたら学んで欲しいと思って。特に女の子より男の子は特に忘れ物が多い気がします。ですが、毎回私がチェックするとあらゆるダメなところが見つかってしまうんですよね~。それを見つけてしまうと気になってしまうし、もうやってません。たまにカバンはチェックしたほうがいいと思いますが、忘れ物チェックという感じではなく、なんか変なものが入ってないか…( ̄▽ ̄;)ゴミとか…。この方法はあくまでもうちの長男の場合はこのようにしないとダメだったという話です。

スポンサーリンク


自分の準備を自分でするようになる

学校の準備を自分でさせるようになり、忘れ物のチェックも自分でやれるようになると、宿泊活動などのお泊りの準備なども自分でできるようになります。長女、次女に関しては、今まで私はほとんど手をつけてませんし、チェックもあまりしてません。それで、忘れ物をしたということはあまり聞いたことはないです。一応、私もどんなものを準備するのかは目を通します。(学校のプリントなどで)その準備するものが自宅にあるのであれば、子供はバックにつめるだけですから。準備できるはずです。ないものは用意はしてあげますが、バックに詰めるのは自分で用意させています。

長女、次女は旅行、プールなどの時も自分の準備は自分で用意してもらっています。長男の場合はちょっと無理ですが…。学校の場合は忘れ物があれば先生に怒られるだけで済むのですが、さすがに旅行や帰省するときの準備は忘れ物すると困るので、一応確認してます。

自分で用意するようになるとちょっとした問題もおこる

宿泊活動などのお泊りの用意していて、すんなり終わるっていうわけにはいきません。何かしら準備途中に子供は疑問が出てきます。例えば…

バックに物が入りきらない。

なんの服を持っていっていいかわからない。(寒さ対策など気温にあった服がわからない。)

などと言った問題。バックに物が入りきらない場合は余計なものがあったり…その場合はアドバイスします。例えば長女の場合でっかい箱ティッシュをカバンに詰めていた時もあります。二泊3日なのに…。( ̄▽ ̄;)ポケットティッシュにしたら?とアドバイス。

次女の場合、行く先の気温を調べて寒いか寒くないかを私にも一応確認。寝るときのパジャマはどれがいいかなど毎回確認しないと気がすまない彼女です。確認してくれると私もあ、そうか。これじゃ寒いかななんて…思い、じゃあ、これ持っていったら?なんてアドバイスしたりします。

子供の準備や忘れ物についてまとめ

子供は人それぞれのやる気スイッチがあって、どうやればやる気が出るのかというのは人それぞれだと思うんですよね。そして、子育てには何が正解というきまりがあるわけではなく、これが正しいよと言われることを実践していれば必ずやいい!っていうこともないと思うんです。みんな同じにすればいいわけではありませんよね。私もいつも何が正しいか毎回悩むものです。わたしの母は昔から忙しく、私は自分で自分の準備は一番上というのもあり、自分でやってきました。だけど、やっぱり下の子は下の子で親にやってもらうっていうことも多かったのではないかなと思います。だからといって大人になって自分の準備ができなくなるというわけでもないと思います。自分のライフスタイルにあった子育てはあると思うんですよね。たまたま私の家はこんな感じですが、人それぞれでいいかと思いますが、人に迷惑をかけないようにとは思っている私です。例えば少年団でも一人が忘れ物したらいけない物とかもありますし…学校でも一人が忘れ物をしたら…と今回のことのようなこともあるので、そういうところだけはしっかり自分で責任を持ってやれる子になってもらいたいと思っています。

長くなりましたが、本日は以上です。

最後までお付き合いありがとうございました。

この記事がためになったと思う方はポチッと応援していただけると、更新の励みになります。いつもありがとうございます。m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村


育児日記ランキング

スポンサーリンク

フォローする