ムーミンの手帳2018年のものを購入♪

こんにちは。あっちゃんです。

先日イオンにて手帳がお安くなっていたので、購入してきました。

お安くなっていたといっても100円くらいお安くなっていた感じです。もともとは700円くらいのものでした。手帳って昨年も買ったのだけど、結局使わずじまい…。_| ̄|○ガックリ…。手帳をシンプルなものを選んだんですが、なんか手帳に予定を書く気になれないんですよね…。今まではそんなにシンプルなものを買ったことはないのですが、昨年は初めてシンプルなものを選んでみたら、あまりにシンプルすぎて、予定を書く楽しさがなくて…。ということで、今年はもうちょっとテンションが上がるものにしようと思って大好きなムーミンの手帳を買ってみました。

今年はちゃんと使ってみようと思って、ムーミンの中でも大好きな「ミー」の手帳をチョイスしました。これで今年もテンションをあげて頑張ろうかな(´∀`*)ウフフ

スポンサーリンク




私が購入したムーミンの手帳はこちら♪

じゃじゃじゃーーーん♪

私が購入したムーミンの手帳はこちら♪

裏はこんな感じ…大きさがわかるようにペンもおいてみました。

黄色いミーがついた可愛い手帳ですヽ(´▽`)/

もう一つの紫っぽい色と迷ったのですが、こちらを選びました。

中もちょっとお見せすると、こんな感じ。

2018年の12月までの手帳です。

こちらはメモ帳みたいな感じでメモを書いて切り離せるようになっています。

これもまた可愛らしいですね♪

こういう可愛らしい手帳だとやっぱり喜んで手帳に予定を書きたくなりますねヽ(*´∀`)ノ

去年のシンプルなのは途中で書くのが嫌になって…。やっぱり飽きました。

私にはシンプルはあわなかったな…。

月ごとに可愛らしい絵が書かれている手帳だとやっぱりなんだかやりたくない予定も頑張るぞと言う気持ちがしてきたり、楽しい予定だともっとウキウキ♪してきます。

手帳だけで人の気持ちがこんなに変わるものなんだな…とムーミンの手帳を手にしてみて思いました。

もちろんシンプルなのが好きな方にはそちらのほうが予定書くのが楽しいでしょうしね。(^O^)。人それぞれテンションが上がるものは違いますよね。ヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク




ちなみに…手帳にまつわる風水は…

ちなみに風水的にどのように手帳を使ったらよいか…。

○手帳はスッキリとさせて使用する。付箋などペタペタとくっつけたり、仕事に関係のないシールやプリクラは貼ったりすると仕事が不安定な状態に…。

○少し高級なペンを使って綺麗な字で書き込むようにする。

○手帳にお金の事に関することを書くときには赤ペンで書くのはNG。「赤字」というということで金運にダメージを与えてしまう。

○手帳に書くときには綺麗に整理して書き込む。ゆとりを持って書き込むようにすると仕事にも余裕がでてくる。空白を残しながら書いていくと次の仕事が入ってきやすくなる。

○革製などの上質な手帳を選ぶと◎。

実際に、わたしが体験した手帳にまつわる悲しい体験…

以前メチャクチャ忙しかった時期があるのですが、手帳の記入欄がパンパンでした。

書く場所がないくらいに。だから、よく友達に予定空いてる?

て聞かれて、手帳を開いて見たんだけど、どの日もびっちりな月で、

「あ~、忙しそうだね…。」

と言われ、その後一緒にランチに行けず…。

手帳は余裕を持って書くっていうことが今ではどれだけ大事なことか…。と思うわたしです。

楽しいランチまで予定に入れられないだなんて…。悲しい体験でした。

しかももともと入っている予定は役員などの仕事ばっかりでしたからね。かなりΣ(゚д゚lll)ショックでしたよ(^_^;)

今年は自分を追い込まず、空白を残しながらやっていこう…。

手帳を選ぶときに私はなるべく小さすぎず大きすぎないものを選ぼうと思います。

大きすぎると手帳に記入する予定がどこまでも書けてしまって忙しい人になってしまいそうだから…。かと言って小さい手帳だと書きづらいし…。

以前大きい手帳を持っている方がいたのですが、その方はかなりの忙しさの方だったのをおぼえています。しかも子供4人もいる方…。そして、大きい手帳にした理由が予定が多すぎて小さい手帳だと書ききれない…といってました。確かに忙しい方でした。(^_^;)よくこなしているなーと私はいつも思っていました。(・・;)同じ4人の子持ちのママとはいえ、同じように忙しい日々は過ごす自信はないな…と思う私でした。

今年一年、気に入った手帳に予定にもゆとりをもちながら楽しく予定を書いていきたいと思います。ヽ(*´∀`)ノ

ブログランキングに参加しています。

この記事が為になったという方はポチッと押していただけるとうれしいです。

m(_)m96

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

フォローする